こんにちは、ぴのです。

息子のりた(4)は3歳の頃に自閉スペクトラム症と診断されました。

比較的軽度であるアスペルガー症候群や高機能自閉症といったタイプに属していて、知的な遅れはない子です。
そんな息子が「発達障害と診断されるまで」に至った経緯を絵日記に残しています。

すこーし暗くて長いお話になっちゃいますが、同じく発達に悩みを持たれている方に「ちょっとでも参考程度になって頂ければ嬉しいな」という気持ちでゆっくりと、他の絵日記と混ぜながらかいていこうと思います!
お付き合いいただけると嬉しいです♪

↓前回32話



★33話「診断名はいざというときの切り札」

IMG_4565
IMG_4566
IMG_4567
IMG_4569

例え発達検査を受けて本当に息子が「発達障害」だったとしても・・・
必要なければ、なくなっていけば伝える必要はない。

そして息子が将来大きくなって困ることが出てきた時・・・

つまり必要となったときに、その相手にだけ伝えられる切り札に使えるんだ、という考え方は当時の私にとっては青天の霹靂でした。


なんでか一度診断名がついたら、学校でも何でもこれから告知していかなきゃいけないんだ、と思い込んでたんです・・・(バカ)


保健師さんのお話、次回も続きます♪



ーーーーーーーーーーーーーー

↓発端である1話

↓発達外来 初診編


↓療育編

↓療育 保健師さんのアドバイス編ーーーーーーーーーーーーーー

★すくパラ倶楽部さん掲載のお知らせ♪

この度、すくパラ倶楽部さんに絵日記を掲載していただけたので報告させてください♪

 過去記事にあります絵日記です。
 ↓良かったら覗いていってくださいね!










子育て中に買って良かったものや気になるものをメインに載せてます♪
▽▽▽ 
 



ブログランキング参加中です♪ 
1ポチいただけると泣いて喜びます。 
▽ ▽ ▽ 
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村