こんにちは、ぴのです。

息子のりた(4)は3歳の頃に自閉スペクトラム症と診断されました。

比較的軽度であるアスペルガー症候群や高機能自閉症といったタイプに属していて、知的な遅れはない子です。
そんな息子が「発達障害と診断されるまで」に至った経緯を絵日記に残しています。

すこーし暗くて長いお話になっちゃいますが、同じく発達に悩みを持たれている方に「ちょっとでも参考程度になって頂ければ嬉しいな」という気持ちでゆっくりと、他の絵日記と混ぜながらかいていこうと思います!
お付き合いいただけると嬉しいです♪

ーーーーーーーーーーーーーー

↓発端である1話

↓発達外来 初診編


↓療育編

↓前回21話

★22話「自分でご飯を食べない息子へのアドバイス①

IMG_4478
IMG_4479
IMG_4480
IMG_4481

赤ちゃんの頃から「ちょっと不器用かなー」と感じることはありましたが、色んな子がいるしこんなものかなー、と思っていました。

3歳になって、手先がまだ発達してないという理由でやりたがらなかったとは・・・
知っている周りの子はみんな自分で食べていたので、私の中でまさか、と余計にビックリしました。

また、「お皿を押さえる」&「スプーンで目的のものをすくう」というのは複数の動作を同時に求められる作業のため、不器用な息子にとっては、【ご飯を食べること】自体がとても難しい作業だったんだ、ということを知りました。


今まで

「何でうちの子だけ食べてくれないんだろう」

とか

「何でやる気出してくれないんだろう」


・・・という苛立ちや不安から、息子に対して食事中きつく当たってしまうこともあったため、これまで無理させていたことを本当に申し訳なく思いました。


今までごめんね、りた・・・(泣)



そして、こんな不器用タイプだった息子に対してもらったアドバイスは次の記事で紹介していきますね。




★すくパラ倶楽部さん掲載のお知らせ♪

この度、すくパラ倶楽部さんに絵日記を掲載していただけたので報告させてください♪  

過去記事にあります絵日記です。 
↓良かったら覗いていってくださいね!












子育て中に買って良かったものや気になるものをメインに載せてます♪
▽▽▽




ブログランキング参加中です♪
1ポチいただけると泣いて喜びます。
▽ ▽ ▽
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村