こんにちは、ぴのです。

息子のりた(4)は3歳の頃に自閉スペクトラム症と診断されました。

比較的軽度であるアスペルガー症候群や高機能自閉症といったタイプに属していて、知的な遅れはない子です。
そんな息子が「発達障害と診断されるまで」に至った経緯を絵日記に残しています。

すこーし暗くて長いお話になっちゃいますが、同じく発達に悩みを持たれている方に「ちょっとでも参考程度になって頂ければ嬉しいな」という気持ちでゆっくりと、他の絵日記と混ぜながらかいていこうと思います!
お付き合いいただけると嬉しいです♪

ーーーーーーーーーーーーーー

↓発端である1話

↓発達外来 初診編


↓療育編

↓前回19話

★20話「お友達を叩く息子へのアドバイス」

IMG_4456
IMG_4457
IMG_4458
IMG_4459
IMG_4460

相手の子に怪我をさせてしまっては大変なので、手が出る前に止めるということは最重要ミッションとして取り組んでいました。

療育でも児童館でも、とにかく手が出る前に止めることを徹底していたら・・・
偶然かわかりませんが何とか入園までにピークを通り越すことに成功!
本当に良かったと安心しました・・・(泣)


あ、そうそう!保健士さんから教わってとても印象的だったことが。

大事なのは手が出る前に止めた後の「共感する気持ち」ということでした。

まず「〇〇したかったんだよね」と自分の気持ちを受け入れてもらうことで次の提案が頭に入りやすいんだそうです。

確かに!私もそうだ!と、目から鱗でした。
まずは止める→共感する→提案する、をセットとして考えるそうな。

忘れちゃいがちですが、今でもハッと思い出すと意識してやるようにしてます。

ありがとう保健士さん・・・


せっかくなので、もう少し保健士さんからのアドバイスを続けさせてくださいね。

次回に続きます♪



★すくパラ倶楽部さん掲載のお知らせ♪

遅れまして昨日のことですが、すくパラ倶楽部さんに絵日記を掲載していただけたので報告させてください♪

過去記事にあります絵日記です。
↓良かったら覗いていってくださいね!








子育て中に買って良かったものや気になるものをメインに載せてます♪
▽▽▽




ブログランキング参加中です♪
1ポチいただけると泣いて喜びます。
▽ ▽ ▽
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村